ns-open-file-select-line

前出の諸事情でEmacs 23.2に乗り換えたんですが(と云うか、Emacsは自宅でメール読むのに使うくらいになってしまったわけですが)、起動時の挙動がおかしい。具体的には、ふたつのファイルを指定するとフレームが2個開く。init.elを空っぽにしても同じ。でも、Emacs -qすると予定通りの挙動をするのです。

なんじゃこれはと思って悩むこと数時間、(featurep ‘ns)でns-open-file-lineというイベントを拾ってns-open-file-select-lineが呼ばれていることが発覚。正直、余計なお世話… このイベントがどういうときに起きるのか調べる気力がないので正しい修正がわからないけど、とりあえずinit.elに以下をぶち込む。

(define-key global-map [ns-open-file-line] 'ignore)
Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>