ID Utils 4.0を使ってみた。

ID Utils 4.0は基本的に3.2から大きな(機能面での)変更点はありません。
とはいえ全くないかというと、perl対応が追加されてたりします。

個人的には、言語ごとのスキャナはplug-in形式にして本体から追い出すべきだと思ってるんですが、
ちょっとこれをまじめに書き直すのはパワーがいりそうなのでしばらくパス。
でもscanners.cがふくれていくのはいまいちうれしくないなあ。

で、めっきりperlでコード書かなくなったのでわかんないんですが、
手元にあったpmで試してみた。
まあ、ふつうに使えますなという感じですが、
大規模プロジェクトでどれだけうれしいのかはよくわかんない。
んー、rubyのスキャナ欲しいなあ。

Posted on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>